Tシャツを作る上で注意したいポイント

オリT.com

オリジナルTシャツを作りたい!その注意点とは?

洗濯する時に注意

Tシャツの種類やプリントした方法にもよりますが、洗濯をするとプリントした部分が落ちたりすることもあります。一番良いのが、手洗いをすることです。もし手間であるなら、ネットに入れて洗うだけでも印刷が落ちる可能性が低くなります。Tシャツの取り扱い注意事項をよく確認してお手入れしましょう。

著作権にひっかかってないか?

Tシャツを作る際、著作権は重要なポイントとなります。もし個人で着る目的なのでしたら、さほど問題はありません。しかし販売目的となると、著作権にひっかかってしまった時に損害賠償を支払うことにもなりかねません。インターネットで検索してでてきた画像やイラストを使う事も、基本的には著作権にふれてしまうと考えた方がよいでしょう。インターネット上で素材を探すのであれば、お金を支払いダウンロードするサイトを利用したり、著作権フリーという表記があるものを利用しましょう。

何枚必要なの?作りすぎていませんか?

Tシャツを作る上で意外な盲点となるのが、枚数です。Tシャツを使いたいイベントによっては、その日かぎりのものもあったりしますよね。そういった時に在庫をかかえてしまいますので、サイズや人数はよく考えたほうが良いでしょう。需要の低いサイズを作成するのかどうかということも、考えた方がよいかもしれません。

プリントできない部分もあるかもしれない

プリントスターでオリジナルのTシャツを作るからには、デザインを思いっきりこだわりたくなると思います。しかし、Tシャツ全体に柄を施ししたり、腕まわりにプリントすることは出来ない場合もあります。作成できる場合でも、料金が高額になってしまう場合があります。きちんと問い合わせをして確認しましょう。

思いどおりのTシャツを作るために

通販サイトの制作手順の確認やシーンに合わせた素材の検討、希望のデザインができるのかどうかを相談することが大切でしょう。デザインデータを入稿する際にも、ルール通りに作る必要があります。もしもデータ作成に自信が無い場合には、指示書を作成して、データの作成から業者にお願いすることも可能です。

広告募集中